ついに熊本に「患者塾」がやって来た。患者塾とは、おのむら医院院長の小野村健太郎先生が約15年前にスタートさせた、医師と患者の交流イベント。医師が一方的に患者に講演するのではなく、小野村先生の軽妙な司会進行の下、患者の様々な疑問を医師がかみ砕いて説明し、相互理解を深めることを狙ったものだ。

プロの恐ろしさを思い知った「患者塾」と「クロカミ3番」の画像

ログインして全文を読む