「震災支援に行ったから少しはましになったかと思いきや、あいつの酒の飲み方はいっちょん変わらん」という声が熊本の夜でささやかれている。それでも私は「何で変わらないといけないのか」とクダ巻きながら、今まで通りに街に飲みに出ている。

熊本、とっておきの社交クラブの画像

ログインして全文を読む