平成24年度診療報酬改定に関する講演会があちこちで開かれ始めた。次期改定がプラス改定になるのか、ゼロ改定になるのか―。「先行きは不透明」というのが現時点での大方の意見である。東日本大震災を受けて、医療費をはじめとする社会保障費について何らかの見直しが必要なのは当然なのだから、厚生労働省もすぐには結論を出してこないだろう。彼らが何も変えてこなかったら、さすがお役所仕事、と言わざるを得ない。

ログインして全文を読む