テレビのニュースで、被災地の人が食事をおにぎりにするか、バナナにするかを選んでいた。私の住む九州のコンビニには、いつもどおり沢山の食品が並べられ、賞味期限が切れたら廃棄されている。同じ日本でありながら、こんなことが同時に起こっていていいものだろうか。こちらに暮らすものにとっては、たとえコンビニが全てなくなってもスーパーがあるし食事になんの不自由もない。西日本に向かう大手コンビニのトラック全てを政府が買い上げて、東日本に向かわせることはできないのか。そんなことを考えながら、震災から2週間ほどは、奥歯を噛みしめながら過ごしていた。酒を飲んでもうまくなかった。

ログインして全文を読む