今年4月、済生会熊本病院に救急総合診療部が開設されました。近所で開業しているものにとってはまさに待ち望んでいた部門です。この設立に関しては、新院長になられた副島秀久先生の救急医療に対する熱い思い入れがあることは知っていました。先日、当院にも副島院長自らいきなり電話をされてきました。「今、うちのベッドがいっぱいなんです。東病院で受けられますか」。「大丈夫です」とお答えすると「じゃあよろしく」と言って、無駄話もなく電話を切られました。基幹病院のトップが、患者紹介の電話ではなく、空きベッド確認の電話なんて初めてのことで面食らいました。でも、副島先生が救急受け入れストップをなくすことを目標に頑張って

ログインして全文を読む