熊本で魚がうまいといえば天草の海ですが、その天草出身の放送作家・小山薫堂氏が脚本を担当した映画「おくりびと」。いやあ、私も遅ればせながら観ましたが感動しました。都会から田舎に帰った青年が、納棺師になるまでの話ですが、様々な要素が含まれており、感動とともに考えさせられる点も多い作品でした。日本人固有とも言える美意識をアカデミー賞が評価するなんて、映画もすごいがアカデミー賞の選考委員もすごいと思いました。医療の現場でも患者の家族が「死」という現実に直面して感情が揺れ動くさまを目にすることが多々あります。この映画を観て、日本人が死や差別などに対して抱く感情の複雑さについて改めて考えさせられました。

ログインして全文を読む