3月13日のニュースで報道されましたが、国立病院機構熊本医療センター(熊本市)の救急部門で輸血ミスが起こりました。同センターに9日午前に救急搬送された80歳台女性に、女性の血液型(O型)ではないAB型の血液が輸血されました。約7分後に間違いに気づいたそうですが、女性は容態急変、11日の午後、多臓器不全で死亡しました。

ログインして全文を読む