先日、済生会熊本病院において同病院主催の病診連携フォーラムが開催されました。私も世話人の一人として参加させて頂きました。今回のテーマは「みんなで語ろう、これからの高齢者医療」でした。毎回フォーラムの3カ月前に済生会のスタッフと周辺の開業医で構成される世話人会でテーマを決めます。私は当初このテーマでフォーラムを開催することに消極的でした。高齢者医療の話をする場合、必ずといっていいほど建前の議論になってしまいます。そんな議論を今さらしてもしょうがないと私は思ったのです。

ログインして全文を読む