民間病院が医師をヘッドハンティングする際に、障壁となるものが幾つかある。私がこれまでに一番手を焼いてきたのは、大学医局との関係だ。といっても、ヘッドハントしようとしている医師が所属する医局ではなく、その民間病院に常勤医を派遣している大学医局のことである。「自分で採用するのなら、もう一切派遣しませんよ」と通告してくるのだ。

ログインして全文を読む