前回に続き、医師のヘッドハンティングや公募採用の際に、私が臨床のキャリア以外のどんな部分を見ているかをお話ししようと思う。どんな民間病院でも、医師を採用する場合には、「その医師の採用が経営に寄与するか」を重視する。端的に言えば、“客を呼べる”医者が欲しい。それまでの勤務先でどれだけの数の患者を診ていたかが、一つのバロメーターになる。ブランド力で患者を集められない一般の市中病院で、相応の数の外来患者を診ているような医師はポイントが高くなる。

ログインして全文を読む