円滑な在宅復帰を進める上でカギとなるのは、病棟看護師の関わりだ。多職種の意見を調整し、患者・家族の自己決定を促していく役割が求められる。そのために身に付けるべき「生活を支える視点」について、パネリストが語った。

円滑な在宅復帰のためにナースが今できることの画像

ログインして全文を読む