欧米では、10年以上も前から救急外来における患者さんの緊急度を判定し、医療介入の優先度を決めるという概念が導入されてきました。これは、煩雑で多忙な救急外来において、より緊急度の高い患者さんを見つけ出し、医療の介入に優先度を付けることで救急外来の医療の質を担保するという理念に基づいたものです。

院内トリアージに欠かせぬ「事後検証」の画像

ログインして全文を読む