2015年度介護報酬改定の影響が反映された4月分の報酬が、6月23日前後に各医療機関や企業に入金された。今改定の影響を大きく受けた小規模デイサービス(通所介護事業所)については、月間の倒産・廃止がともに過去最高になったと、メディアにも取り上げられた。一方の訪問看護については、減額になったとはいえ、加算をうまく算定できさえすれば、今改定が経営に与える影響は軽微だったように思われる(当社は年間1200万円くらいの減収になったが……。その経緯は前回連載参照)。

開設早々潰れる訪問看護ステーション急増の理由の画像

ログインして全文を読む