突然、「高崎っ、話がある!」と、師長から呼び出された。あれは確か、助産師3〜4年目の頃だった。なんとなく呼び出された理由は察してはいたが、『怒られるのか……?』と、ドキドキしながら面談室に向かった。座るや否や、「最近どうしたの?仕事に対する態度がなっていない!」との第一声。仕事に身が入っていないとか、心がここにないとか、そんなようなことを言われた気がする。あの頃から20年以上も経っているので記憶はあいまいだが、日頃の私の態度と行動に喝!!を入れられたことだけは今もハッキリと覚えている。

ログインして全文を読む