Aナーシングの連載も早6ヵ月が過ぎた。毎回、連載ネタに困り、隣のデスクにいる根本さんと「次は何書く〜?」と、編集担当者に原稿を送った途端、次に連載を書く方が悩み苦しむ――の繰り返しである。

ログインして全文を読む