今、新米副部長として、日々の業務に加え、様々な課題に取り組んでいるところであるが、師長として勤務していた時には見えなかったことが見えるようになり、ますますプレッシャーを感じる毎日である。

ログインして全文を読む