本連載でこれまで述べてきたように、看護補助者1人ひとりが苦悩や悲しみ、虚しさ、喜び、やりがいなど、様々な思いを抱きながら仕事を続けています。ですが、それらを語る時間も場も少ないため、思いが共有されることが少ないのが現状です。

看護補助者とより良い関係を築くにはの画像

ログインして全文を読む