12月1日、福島県郡山市で「県中地区医療福祉関連教育施設連絡協議会」の初会合が開かれ、郡山市や二本松市にある医療・福祉系の大学・専門学校、計10校の関係者が集った(写真)。地域の医療・福祉系教育機関がタッグを組んで多職種連携教育などを行い、地域の中でチーム医療に貢献できる人材を育てることが狙い。2016年度以降、学生や教職員の交流を図っていく計画だ。

地域の医療系大学・専門学校がタッグ組み人材養成への画像

ログインして全文を読む