医療依存度の高い在宅療養者を最期までサポートするため、通い・泊まり・訪問介護・訪問看護を一体的に提供する「看護小規模多機能型居宅介護(看多機、旧複合型サービス)」。日本看護協会は11月17日、看護小規模多機能型居宅介護事業者交流会を初めて開催した。参加者は看多機の事業者や開業を目指す看護職など130人以上。厚生労働省の担当者や看多機運営者、市町村の担当者などと活発な議論を交わした。

注目の在宅サービス「看多機」運営のポイントは?の画像

ログインして全文を読む