救急医療と在宅医療。一見、対極にある両分野の間には実は密接な関わりがあり、共有すべき課題が数多く存在する――。10月16、17日に佐賀市で開催された「第17回日本救急看護学会学術集会」では、救急看護と在宅看護のシームレスな連携の必要性を訴えるパネルディスカッションが開かれ、救急と在宅、それぞれに関わる看護師の間でこんな意見が交わされた。

救急看護と在宅看護、共有すべき課題とは?の画像

ログインして全文を読む