10月1日からスタートした「特定行為に係る看護師の研修制度」について、看護師の6割が受講を希望していることが、日経メディカルAナーシングの看護師会員を対象にした調査結果で明らかになった。ただし、職場における研修の具体的な活用方法については「検討中」「未定/分からない」が6割を占め、制度スタート時点においては“様子見”の医療機関が少なくないことも分かった。

6割の看護師が「特定行為研修を受けたい」の画像

ログインして全文を読む