全日本病院協会が、今年10月から始まる「特定行為に係る看護師の研修制度」(以下、特定行為研修)に向けて、eラーニング教材の開発を検討していることが分かった。7月20日に開催された「看護師特定行為指導者講習会」の中で、副会長の神野正博氏(医療法人董仙会理事長)が説明した。指定研修機関で活用してもらうことを想定しており、来年4月から販売を開始する計画だ。

全日病が特定行為研修用eラーニング教材開発への画像

ログインして全文を読む