薬局薬剤師に対して今後望むのは、患者の服用薬の削減の提案や、居室内の薬の整理――。訪問看護師のこんな本音が、訪問看護師と薬局薬剤師の協働に関する研究結果から分かった。副作用モニタリングや消毒・衛生管理のアドバイスなど、薬剤師の本来業務であるにもかかわらず、訪問看護師に知られていない業務が数多く存在することも判明した。11月15日に都内で開催された第4回日本在宅看護学会学術集会で、NPO法人医薬品適正使用推進機構の榊原幹夫氏が発表した。

薬剤師に望むのは「薬の削減の提案」の画像

ログインして全文を読む