褥瘡予防のための体位変換といえば「2時間おき」が定説だった。しかし近年、明確な根拠はないことが指摘され、頻度の妥当性の検証が進んでいる。さらに、患者・看護者双方にとって負担の少ない、“小さな”体位変換も注目を集める。新たな体位変換「スモールチェンジ法」の可能性を探った。

「2時間おきの体位変換」は本当に必要か?の画像

ログインして全文を読む