10月21日、東京都看護協会は、都内会員施設の看護管理者に対し、「エボラ出血熱の流行に関する注意喚起」に関する文書を送付した。発熱患者診療時の渡航歴の確認など、感染予防対策の留意点を記載したもので、日々の診療における備えを求めた。

ログインして全文を読む