10月1日の改正医療法施行に伴い、6都県において「医療勤務環境改善支援センター」(以下、支援センター)が始動した。改正医療法では、医療機関に対し、医師や看護師など医療従事者の勤務環境の改善措置を講じる努力義務を課しており、さらにそれを支援するための拠点となる支援センターの設置を、各都道府県に求めている。10月16日、第18回日本医業経営コンサルタント学会東京大会のシンポジウム「医療分野の勤務環境改善について」に登壇した厚生労働省医療労働企画官の石川賢司氏は、全国の支援センターの設置状況と役割について解説した。

都道府県「医療勤務環境改善支援センター」が始動の画像

ログインして全文を読む