障害年金は、精神疾患でも受給することができます。しかしその手続きは決して簡単ではなく、請求が認められず不支給となるケースもよく見られます。これは、精神疾患の場合、検査数値のような明確な基準がなく、障害年金の対象となるかどうかの判断は、「具体的な日常生活状況等により、総合的に認定する」(障害認定基準より)とされているためです。

精神疾患は「院外での様子」の正しい把握をの画像

ログインして全文を読む