専門看護師が1000人、認定看護師が1万2000人を超え、医療現場にいることが“当たり前”の時代となった。それに伴い、新たな課題となっているのが、専門看護師と認定看護師の役割分担のあり方だ。

専門看護師は究極の“ジェネラリスト”の画像

ログインして全文を読む