4月5日、国公私立5大学院による新たな博士課程「共同災害看護学専攻」が開講した。高知県立大、兵庫県立大、東京医科歯科大、千葉大、日本赤十字看護大の5大学がタッグを組み、災害看護グローバルリーダー(Disaster Nursing Global Leader:DNGL[ディングル])の育成に取り組むもの。

国公私立5大学による災害看護博士課程が開講の画像

ログインして全文を読む