2月12日、中央社会保険協議会(中医協)において2014年度診療報酬改定案が取りまとめられ、厚生労働大臣に答申された。中医協に看護職の代表として参加していた福井トシ子氏(日本看護協会常任理事)に、今改定の看護現場に与える影響について聞いた。

機能分化による業務負担増を懸念の画像

ログインして全文を読む