11月30日に開かれた第2回日本NP協議会研究会では、元厚生労働事務次官で東大高齢社会総合研究機構特任教授の辻哲夫氏が特別講演に登壇。超高齢社会の医療政策の方向性として地域包括ケアシステムについて解説した上で、病院医療中心の「治す医療」から、「予防し治し、支える医療」への転換の必要性を述べ、その上で「看護界はどのような戦略を練るのか?」と問いかけた。

NP誕生に向け看護界も“戦略”をの画像

ログインして全文を読む