活動が始まったとはいえ、医療現場においてはまだまだ超少数派の“特定看護師”――。12月6日から大阪で開催された第33回日本看護科学学会学術集会の交流集会「“特定看護師”のかかえる課題および支援体制について考える」では、大学院でのNP(診療看護師)養成課程を修了した特定看護師や受け入れ医療機関が、現場における特定看護師の支援体制などについて講演した。

“特定看護師”の悩みと課題の画像

ログインして全文を読む