専門看護師の登録者数が、ようやく1000人を超えました。専門看護師は大学院修士課程修了が前提の資格であり、大学院が増えないことには養成できません。認定が始まった1998年当初は教育機関が全国に数校しかありませんでしたが、看護基礎教育の大学化に伴って大学院も徐々に増え、2013年には専門看護師養成課程を持つ大学は88校、228教育課程になりました(図)。この数は、まだまだ増えていくでしょう。これまでは絶対数が少なく、専門看護師の活動が見えにくい歯がゆさもありましたが、これから先、状況は大きく変わってくると思います。

「増える専門看護師の活躍に期待」の画像

ログインして全文を読む