総合消化器外科ローテーション中のある日の朝、いつものように電子カルテで患者さんの情報収集をしていると、院内携帯電話が鳴りました。時計を見ると8時10分。「始業前のこんな時間に何だろう?」と思いながら出ると、「ERに運ばれてきた患者さんが、これから緊急手術になりそうだから来てくれる?」と指導医の先生からの電話でした。

腹痛患者の緊急手術!NPである私の役割は――の画像

ログインして全文を読む