私は2006年に藤田保健衛生大学坂文種報徳会病院に入職しました。配属された循環器病棟には、主に心筋梗塞や狭心症の患者が入院しており、CAG(冠動脈造影)やPCI(経皮的冠動脈インターベンション)などの心臓カテーテル検査・治療を多く行っていました。循環器疾患を持つ患者は、入院時は状態が安定していても急変する可能性があります。特に看護師の人数が少ない夜勤帯で、医師も不在の時の急変対応はいつも緊迫したものでした。

看護師として経験した急変時対応の歯がゆさの画像

ログインして全文を読む