聞いただけで難しそうと拒否反応を示してしまいそうな薬理学のシラバスを、授業の前に読んでみました。科目概要には「薬物に対する生体の相互反応を、薬力学および薬物動態の両面から捉え、現代臨床で用いられる薬物の分類、作用、相互作用などを学習する」とあり、到達目標には「個体・細胞・分子レベルにおける薬物の作用機序を、生体と薬物分子との相互反応として説明できる」と書いてありました。果たして私に理解できるだろうか?

身近な薬剤の基礎を知る、薬理学の面白さの画像

ログインして全文を読む