このたび、NP(Nurse Practitioner)についてエッセー執筆のお話をいただきました。NPは、「特定看護師」や「診療看護師」と訳されます。新たな資格ではなく、法律上の身分は看護師ですが、看護師として臨床経験を持つ者が大学院で生理学や薬理学から診断学に及ぶ医学的知識や、後述する特定行為について学び、医師と看護師の中間職種として役割を果たすことが期待されています。

看護師が「治療の視点」を持つということの画像

ログインして全文を読む