日本の医師の多くはCRPが大好きなのではないかと思います。 もちろん私も、ご多分に漏れずCRPが好きな医師の一人であります。 研修医がカンファレンスで症例提示するときにCRPの値について触れなかったら「ねえねえ、CRPはいくつだったの?ねえねえ」と必ず聞くくらいCRPが好きなので、一部では私のことを「CRP厨」と呼ぶ者もおります。

CRP大好き派/使わない派、それぞれの言い分の画像

ログインして全文を読む