私は大阪で呼吸器内科医をしている倉原優といいます。肺炎や気管支喘息などの急性期疾患から肺癌や結核などの慢性期疾患まで幅広く診療しています。今回Aナーシングで連載をいただくことになりました。

喀血でコール! しかし、患者さんはテレビを観ていた……の画像

ログインして全文を読む