Aさん(45歳・独身男性)はもともと脳腫瘍があり、脳腫瘍の手術のための入院中に脳出血を発症してしまいました。現在は、脳出血術後後遺症(左半身麻痺)のため、リハビリテーションと放射線治療を行っています。Aさんは一人暮らしで、広告関係の仕事をしています。父親(70歳)と母親(68歳)が遠方におり、実家は小売店を営んでいます。Aさんにきょうだいはいません。

「重症なんだから優先して!」怒る家族の真意はの画像

ログインして全文を読む