表向きには、救急領域の「専門」として活動していますが、個人的には、「救命救急」に特化しているつもりはないので、ニーズがあれば、なんでも屋的な活動を行っています。何せ、呼ばれてナンボ、使われてナンボなので(苦笑)。

ログインして全文を読む