現在、「特定行為」として41項目(案)が国から示されていますが、これについても、施設によって必要とされる項目は異なるため、項目を限定することで果たして臨床現場で円滑に機能するのか少し疑問があります。

ログインして全文を読む