日本の医療は、どの医療機関にも自由にかかることができるフリーアクセスが特徴の一つです。しかし、例えば頭痛でA脳神経外科にかかって検査を受けた患者さんが、その診断や治療に納得できず新たにB病院にかかった場合、また同じような画像検査や血液検査を受けることになるという非効率さがありました。これを解消するための方法は、大きく分けて2つあります。

検査データは誰のものか?の画像

ログインして全文を読む