50歳代の男性Aさんが、雇い入れ時健診のために筆者のクリニックを受診しました。建設の現場で働く、大きな建設会社には属していない職人さんです。問診では特に治療を受けていないとのことでしたが、採血では血糖値312mg/dLと高値で、HbA1cも12を超えていました。尿検査では糖以外に蛋白も検出されました。よく聞いてみると、家族のほとんどが糖尿病を抱えており、心筋梗塞や腎不全で亡くなっている方も多いことが分かりました。

糖尿病治療を自己中断「2年間の空白」のなぜの画像

ログインして全文を読む