前橋赤十字病院(前橋市)看護部栄養サポート室看護係長の伊東七奈子氏(摂食・嚥下障害看護認定看護師、NST専門療法士)は、食道再建術や開心術などの術後に食事が思うように取れない患者に対して、摂食回復支援食「あいーと」を勧めている(写真1)。見た目は通常の食事と何ら変わらないが、舌で無理なく潰せる程度の軟らかさに調整されている商品だ(写真2)。

ミキサー食に代わる摂食回復支援食の画像

ログインして全文を読む