がん患者さんでは、さまざまな要因から倦怠感が生じます。倦怠感は大きく2種類に分けられ、原因のある2次的倦怠感と、特に原因がない1次的倦怠感があります。貧血や感染症、睡眠障害によるもの、がん治療によるもの、薬剤によるものなど2次的な倦怠感の場合には、原因別に適切な治療を行います。

「身の置きどころのなさ」にはこう対応の画像

ログインして全文を読む