進行がん患者さんの70%以上に痛みがあると言われます。痛みがある生活はつらいものです。特に命の残り時間が少ないときには、痛みに悩まされて貴重な時間を浪費することがないように、痛みはしっかり取り去るべきです。そのため、がんの緩和ケアでは精神活動を含めて「生活に支障が出る痛み」があれば、その痛みは直ちに治療すべきだとされています。

「生活に支障が出る痛み」にはただちに治療をの画像

ログインして全文を読む