がんになると、病気を抱えた臓器だけに問題が生じるのではなく、年を取る速度が速くなるような変化が体全体に加わり、多くは「十分長生きした」と思える年齢まで命が持ちません。この「年を取るのが速くなるように見える」現象は、医学書では解説されていませんが、多くの患者さんに実際に現れる変化です。

がんの看取りをどうやって「老衰」に近付ける?の画像

ログインして全文を読む