緩和医療の現場では、患者さんや家族にとって、悪い知らせを伝えなければならない場面がたくさんあります。状況は正しく理解してほしい、絶望せずにできたら前向きになってほしい、本人と家族が医療者と力を合わせるきっかけにしたいなど、目的は数多くありますが、すべてを満足する説明をするのは簡単なことではありません。そのような場面で、より良い結果を得られるように心掛けていることがいくつかあります。

「悪い知らせ」を伝えるときに心がけていることの画像

ログインして全文を読む