病院 地域連携室のメディカルソーシャルワーカー(MSW)である武田さんが、珍しく落ち込んでいます。それもそのはず。今朝退院したばかりの山口さん(仮名:80才女性)が、息子さんに連れられて外来を受診しているのです。山口さんは脳梗塞後のリハビリ目的でA病院に約2カ月間入院していましたが、ADLはほぼ自立。息子さんが少し介助すれば自宅での生活は問題ないだろうと判断され、今朝自宅に帰ったところでした。

医療者と家族で食い違う「退院OK」の基準の画像

ログインして全文を読む